お知らせ 善行寺のドメインが、「zengyoji.com」から、「zengyoji.jp」へと変更になりました。
このページは、「5秒後」に自動で新しいドメインに移動します。
移動しない場合は、下記URLをクリックしてください。
www.zengyoji.jp

本文へスキップ


HOME 寺院紹介 活動報告 お知らせ 問い合わせ・アクセス 寺子屋日記 リンク
お知らせ

定例法話会 ( 第二土曜講 ) / 一般法要

2016年 11月 12日(土曜日) 定例法座 / 報恩講法要

平成28年・報恩講法要勤修のお知らせ


11月の善行寺門信徒・定例法座は、平成28年・報恩講を勤修させていただきます。


日時11 12(土)午後1時半から午後3時半まで


場所善行寺本堂にて勤修


浄土真宗・ご開山、親鸞聖人のご往生のご法縁に際し、今を生きとし生ける私たちが浄土真実・念仏往生の教えを聞かせていただく、御恩報謝の法要でございます。浄土真宗寺院、ならびに門信徒の方々にとって一年で一番大切なご法要が、お念仏の教えを聴聞させていただく尊いご法縁となりますよう、皆様のご参拝をお待ち致しております。


ご講師菅田 裕一 師 備後教区 / 泉蔵坊 御住職


善行寺門信徒の方、またはご法事やお葬儀等を善行寺で執行させていただいた以外の方で、初めてご参加される方は事前に詳細をご確認ください。


→ 善行寺の連絡先



2016年 12月 10日(土曜日) 定例法座 / おみがき&忘年法座

おみがき&忘年法座開催のお知らせ


12月の善行寺門信徒・定例法座は、一年最後のおみがき(仏具荘厳のおみがき清掃)と忘年法座を開催させていただきます。


日時12 10(土)午後1時から3時半まで


講師吉井 瑞穂 東京教区 埼玉組 / 善行寺 坊守


場所善行寺本堂にて開催



今年最後の定例法座は、年末恒例となりましたおみがき(善行寺仏具・荘厳を門信徒の皆様とご一緒に磨き清掃のボランティア)と、忘年法座を開催させていただきます。法座後には、門信徒の皆様とご一緒に、善行寺年末恒例・ビンゴ大会を開催させていただきます。( 参加にあたっては、大変申し訳ございませんが善行寺門信徒の方、及び善行寺でお葬儀・法事等を執行させていただいたご家庭とさせていただいております。あらかじめご了承ください )


善行寺門信徒の方、またはご法事やお葬儀等を善行寺で執行させていただいた以外の方で、初めてご参加される方は事前に詳細をご確認ください。


→ 善行寺の連絡先



宗教法人認証のお知らせ ( 浄土真宗本願寺派・正規寺院の登録 )

埼玉県(埼玉県知事)より宗教法人「 善行寺 」認証のお知らせ



平成26年 3月 25日付けで埼玉県( 埼玉県知事 )より、当山が宗教法人「 善行寺 」として法人の認証がされました。その後、4月 10日には設立登記を完了、完了届の受理をいただき正式に法人格を持つ寺院「 善行寺 」と成らせていただく事が出来ました。( 埼玉県認証番号・05014 )

あわせて、浄土真宗本願寺派(本山・本願寺)宗派より宗教法人「 善行寺 」の設立承認がなされ、寺院台帳上も正式な浄土真宗本願寺派の寺院(東京教区 埼玉組 善行寺 )として認証登録がされました。( 寺院認証・032133 )

ふり返りますと、当山は平成18年 6月に、浄土真宗本願寺派の指導のもと、埼玉組(埼玉県内・浄土真宗本願寺派寺院)の開設承認をいただき、川口市内北東部に一軒の借家を借り、ご本尊をご安置させていただき「 川口布教所・善行寺 」を設立致しました。看板(浄土真宗本願寺派・善行寺)はあるものの、お寺に集うご門徒の方々もなくまさにゼロからの出発でありました。

その後、少しづつ門信徒となられる方々とのご縁をいただき、また多くの方のご尽力とご高配を賜り、平成23年 4月には現在の地に本堂を建立させていただきました。

平成24年 3月には多くのご来賓やご住職様方、そして門信徒の方々のご出席を賜り、本堂の落慶法要と寺院設立の慶讃法要を勤修させていただけた事は、まことに有り難いご縁であったと住職として昨日の如く感謝させていただく次第です。

その後も、当山の役員そして門徒総代をはじめとした世話役の方々のご尽力を賜り、
行政の登録上も社会公益性をもつ宗教法人として認証され、宗派上も正規の浄土真宗本願寺派寺院とならせていただく事ができました。

これからもご法義繁盛と「 地域のオアシス 」たる社会公益性を推進した寺院づくりに一層精進させていただく所存でございます。

門信徒の皆様をはじめ、多くの皆様方のご支援・ご高配を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

合掌

浄土真宗本願寺派 鶴谷山 善行寺
住職 吉 井 誠 光





仏事・葬儀事前相談 / 生前相談

所属寺(菩提寺)や、お付き合いのある寺院が無い方のみ対象


善行寺[ 仏事・葬儀事前相談 ]のお知らせ



善行寺では、所属寺 (菩提寺) や、お付き合いのある寺院が無い方を対象にした、仏事・法事・葬儀の相談を随時行っております。( 所属寺がおありの方は、所属寺ご住職にご相談ください。)

ご本人様が亡くなられた後、お子様やお身内の方が悩まれないよう、ご生前中に住職と葬儀や法事の進め方を「 じっくり 」 考え、ご本人様の意向等を語り合える場でありたいと善行寺は考えます。

特に最近、埼玉県をはじめ首都圏では、業者が手配したニセ僧侶やモグリ僧侶をはじめ、偽装派遣僧侶による通夜・葬儀の執行により、葬儀後に連絡が取れなくなったり法事を断られたり、実際には存在しないお寺名や住所等をご遺族に知らせて行方をくらます事例が巷で多数報告されています。

ご自身の葬儀が、ニセ僧侶や偽装派遣僧侶等に執り行われる事の無いよう、また残された遺族の方々が悩まれたり悲しまれたりする事が無いよう、善行寺では各分野のアドバイザーの方々のご協力のもと、個別相談会を随時開催させていただいております。
( * 川口市隣接地以外の方は、お住まいの近くにある浄土真宗本願寺派の寺院をご案内させていただきます。)

尚、善行寺では永代経お申し込み制度( 永代経を申し込まれた方の祥月命日一座経や永代経法要を寺院が施主となり永代にわたって執り行わせていただく制度 )を随時受け付けております(故人だけでなく、ご生前でのお申し込みもお受け致しております )お申し込みをいただいた方には、善行寺からの御扱いとして顕彰永代墓へのご納骨がいただける廟所( 寺院永代墓 )が平成26年に完成し、ご納骨いただけるようになりました事を重ねてご案内申し上げます。

詳細がお知りになられたい方は、住職までお気軽にご相談下さい。

( * 年回法要や墓前法要のご相談、ご依頼等もお受け致しております。)



ペットボトルキャップ回収ボランティア・ご報告
















ペットボトルキャップ・回収ボランティア活動ご報告


善行寺では、善行寺子育てママサークル・マミコミ、善行寺ボランティアサークル・まあむはんず、善行寺法話会、善行寺アクティビティーの参加者の方々が中心となって、平成21年よりペットボトルキャップ回収ボランティア活動を行なっております。

このボランティアは、860個( 以前は800個 )のペットボトルキャップ(ふた)を回収することによって、1個のポリオワクチン分としてNPO団体に引き取っていただき、その売り上げを基に、発展途上国の貧困に苦しむご家庭の子ども達へ、ワクチンとして送られます。

平成21年から始めた寺院ボランティア活動では、善行寺とご縁のある方々だけでなく近隣にお住まいの地域住民の方々、商店や企業のご協力をいただき、おかげさまで45万個を超えるペットボトルキャップを回収させていただきました事をご報告させていただきます。

*平成26年・ペットボトルキャップ回収のご報告 
 回収日  回収個数  交換ワクチン数(人数)
   1月18日    12,900個    15.00個(人分)
   3月12日    12,255個    14.25個(人分)
   6月23日    15,480個    18.00個(人分)
   8月21日    18,080個    21.02個(人分)
  10月20日     12,900個     15.00個(人分)
小計    71,615個    83.27個(人分)

*ボランティア活動を開始(平成21年)からの累計個数。
総計   454,732個   562.17個(人分)

直接見る事もない、発展途上国に住む562名の子ども達の “ いのち ” につなげさせていただく奉仕活動でありました。住職として、ご協力いただいた多くの皆様方に感謝申し上げます。

今後も善行寺ではこの活動を続けさせていただきたいと思います。どうぞ皆様方のご協力を心よりお待ち致しております。


善行寺 住職・吉井 誠光

 * * * * * * * * * * * * * * * *

* 追記 / 先日、皆様方の善意の活動に沿わない残念なニュースがありました。それは、ペットボトルキャップを回収し再生した収益金を集約していた【 NPO法人・エコキャップ推進協会 】が、実際に発展途上国をはじめとした世界各国にワクチンを送っている【 NPO法人・世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下、JCV)】に収益金( ワクチン代 )を渡さず、別の使途に流用していたという事実でした。

善行寺でも、上記の通り門信徒の皆様方をはじめ、近隣の方々や参拝の方々が持ち寄ってくださっている善意の活動でしたので、早急に回収業者、ならびに JCV と協議致しました結果、エコキャップ推進協会を通さず、回収業者から直接 JCV に収益金( ワクチン代 )が贈られる体制に変更することが決定致しましたので、この場をお借りしてご報告とさせていただきます。

皆様のあたたかい善意が、今後も善行寺にて継続いただけるよう住職として活動の推進と改善に努めさせていただきたいと思っております。

合 掌

お知らせ